まんさくの花 槽しずく(ふねしずく)

「槽(ふね)」とはお酒を搾る古式の装置で、酒質にもろみを入れて搾る手法を槽搾りといいます。

当社では毎年最初に完成するお酒は蔵人全員が結集して槽掛けし新酒誕生の喜びを分かち合うことから、
弊社では毎年一番に搾るお酒を「槽しずく」と命名しています

毎年、搾り後すぐに瓶詰して発売いたします。

発売時期

毎年11月末頃/限定3,000本(1800ml換算)

おすすめの飲み方

冷や でお愉しみください。

2019年の槽しずくについて(蔵元コメント 2019.11.22)

期待と不安を胸に、新年度の酒造りを10月1日にスタートし、ようやく新酒が出来上がりました。
かなり低温でじっくりと発酵させましたので、かなり透明感のある綺麗な酒質になったと思います。
ブドウのようなかぐわしい香りと、美しい酸味をお愉しみいただけます。
しぼりたての新酒なので、開栓して空気に触れると味の変化があります。
味が変化する理由の一つがグルコースです。搾りたての生酒はグルコース濃度が低いですが、
時間経過で濃度が少しずつ高くなっていくので、味に膨らみも出てきます!
生酒は要冷蔵といいますが、今の時期なら常温くらいに少し置いたらほどよく味変が愉しめるかもしれませんね。

新酒の慶びが皆様に届きますように。

うすにごり生原酒 槽しずく(ふねしずく)

使用米:
秋田酒こまち
原料:
米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:
55%
アルコール度:
16%

参考小売価格

720ml:
1,485円(税込)
1800ml:
2,970円(税込)

備考

特約店限定発売商品です。インターネットではお買い求めいただけません。販売店をお探しの方は、お近くの「買えるお店」又は「当社営業部」までお問い合わせください。 ※要冷蔵商品です。