previous arrow
next arrow
Slider
 

酒米を巡る素敵な旅 ~亀の尾(かめのお)~

 

食米の始祖的存在です。現在主流となっているコシヒカリやあきたこまちも亀の尾の子孫になります。  
 

 
 

明治から大正にかけ、食米としても酒米としても広く全国に普及したお米です。源流株なので栽培難易度が高く、品種改良が続く中で世から姿を消した「幻の米」です。最近ではその酒造適性に注目が集まり、再び「亀の尾」のお酒に挑戦する酒蔵が増えています。

他の米に比べて精米歩合の差が非常に大きい印象があります。当社では45%、55%、70%の亀の尾に挑戦していますが、全てがまるで別の品種のようです。この70%精米のお酒は、力強い酸味や旨味がお楽しみいただけます。

 

・発売時期(予定) : 3月10日ごろ
・発売数量(予定) : 2,200本(1.8L換算)

生もと純米吟醸一度火入れ原酒 まんさくの花 亀ラベル

伝統の生もとづくりで醸す、亀の尾の純米吟醸

日の丸醸造では、平成16年から地元の農家とともに「亀の尾」の栽培に取り組んでおります。
毎年稲作、酒造りともに進化を続け、亀の尾仕込みはまんさくの花のエースとして自信を持ってお奨めできるお酒に成長しました。

亀の尾仕込は生産量が少ないため、手書きの『亀ラベル』で限定販売しています。

2018年、新たな挑戦として、亀の尾を使った生もとづくりに挑戦いたしました。

生もとづくりは非常に時間がかかるため、童謡のうさぎとかめになぞらえ、ラベルを作成いたしました。

発売時期

2月頃/限定1,300本(1.8L換算)

※商品の外観は若干の変更になる場合があります。

おすすめの飲み方

冷や ~ ぬる燗 でお愉しみください。

純米大吟醸一度火入れ原酒 まんさくの花 亀ラベルGOLD

通常の「亀ラベル」より希少な金色の亀ラベルです。

「亀ラベル」は精米歩合55%の純米吟醸酒として発売しておりますが、「亀ラベルGOLD」は精米歩合45%まで磨いた純米大吟醸酒です。

亀の尾の特徴である透明感のある美しい味わいがより一層際立つ一本です。

秋は一度火入れ原酒をお届けいたします。奥行きのある透明感と美しい酸味がお愉しみいただけます。

発売時期

毎年10~11月頃/限定800本(1.8L換算)

※商品の外観は若干の変更になる場合があります。

おすすめの飲み方

冷や ~ 常温 でお愉しみください。

純米大吟醸生原酒 まんさくの花 亀ラベルGOLD

通常の「亀ラベル」より希少な金色の亀ラベルです。

「亀ラベル」は精米歩合55%の純米吟醸酒として発売しておりますが、「亀ラベルGOLD」は精米歩合45%まで磨いた純米大吟醸酒です。

亀の尾の特徴である透明感のある美しい味わいがより一層際立つ一本です。

春は生原酒でお届けいたします。生原酒であることを忘れてしまうかのような透き通った味わいをお愉しみください。

発売時期

毎年3~4月頃/限定800本(1.8L換算)

※商品の外観は若干の変更になる場合があります。

おすすめの飲み方

冷や ~ 常温 でお愉しみください。

純米吟醸原酒(一度火入れ)まんさくの花 愛亀ラベル

新たな亀の仲間となる「愛亀ラベル」は『愛山』と『亀の尾』という二台酒米の共演となるお酒です。

2013年、初めて「愛山×亀の尾」のお酒の試験醸造に挑戦し、2015年に正式に亀ラベルの仲間に加わりました。

亀の尾の透明感と綺麗な酸味の中に、愛山の奥行きのある甘みが感じられます。

発売時期

毎年7~8月頃/限定1,000本(1.8L換算)

※商品の外観は若干の変更になる場合があります。

おすすめの飲み方

冷や ~ 常温 でお愉しみください。

純米吟醸一度火入れ原酒 まんさくの花 亀ラベル

夏を超えて円熟味を増した 秋の亀の尾をお愉しみください

日の丸醸造では、平成16年から地元の農家とともに「亀の尾」の栽培に取り組んでおります。
毎年稲作、酒造りともに進化を続け、亀の尾仕込みはまんさくの花のエースとして自信を持ってお奨めできるお酒に成長しました。

亀の尾仕込は生産量が少ないため、手書きの『亀ラベル』で限定販売しています。

秋の亀ラベルはひやおろしと同じ低温瓶貯蔵の一度火入れ原酒でお届けいたします。

発売時期

毎年9~10月頃/限定2,000本(1.8L換算)

※商品の外観は若干の変更になる場合があります。

おすすめの飲み方

冷や ~ ぬる燗 でお愉しみください。

純米吟醸生原酒 まんさくの花 亀ラベル

亀の尾の魅力がたっぷり詰まった生原酒をお愉しみください

日の丸醸造では、平成16年から地元の農家とともに「亀の尾」の栽培に取り組んでおります。
毎年稲作、酒造りともに進化を続け、亀の尾仕込みはまんさくの花のエースとして自信を持ってお奨めできるお酒に成長しました。

亀の尾仕込は生産量が少ないため、手書きの『亀ラベル』で限定販売しています。

春の亀ラベルは亀の尾の魅力がたっぷり詰まった生原酒でお届けいたします。

発売時期

毎年4~5月頃/限定2,000本(1.8L換算)

※商品の外観は若干の変更になる場合があります。

おすすめの飲み方

冷や ~ 常温 でお愉しみください。

酒米を巡る素敵な旅 ~亀の尾(かめのお)~

明治から大正にかけ、食米としても酒米としても広く全国に普及したお米です。一時期生産する農家がいなくなって姿を消し、「幻の米」と呼ばれていましたが、最近ではその酒造適性に注目が集まり、再び 「亀の尾」のお酒に挑戦する酒蔵が増えています。

・発売時期(予定) : 1月初旬~
・発売数量(予定) : 1,800本(1.8L換算)