純米吟醸 まんさくの花 吟丸

『まんさくの花 吟丸』は、秋田県固有の酒米「吟の精」を愉しむ純米吟醸酒です。お米の旨みをより味わっていただくべく、香りをあえて控えめにして醸しました。吟の精の旨みと酸味のバランスがお愉しみいたただける、食中酒として最適な一本です。

使用米「吟の精」について

「吟の精」は平成4年、県独自の酒米として開発されました。現在では希少な酒米となっておりますが、当社を含む複数の県内の酒蔵が粘り強く栽培・生産を続けており、少しずつではありますが生産量が増えつつあります。

非常に大粒な酒米で、精米にはかなりの時間や手間がかかります。吸水やさばけは非常に良く、上手に扱えば上品な旨みが出る酒米です。

季節を愉しむ限定品

「まんさくの花 吟丸」は年に二回、限定品を発売いたします。

<まんさくの花 吟丸 生原酒>

吟丸の新酒をお届けいたします。