初添、仲添、留添

2019年 10月 19日
<仕込1号の添、仲、留仕込みが行われました>
 
日に日に冷え込みが厳しくなり冬の気配が近づく中、仕込1号の初添、仲添、留添が行われました。

タンクの中に、水、蒸米、麹米、酒母(酵母)を入れて仕込みます。
仕込みは通常4日間かけて3回に分けて行われる為、この仕込み方は「三段仕込み法」と呼ばれます。
1日目は「初添(はつぞえ)」と呼ばれる1回目の仕込み、 2日目は「踊(おどり)」と呼ばれ仕込みは休み、3日目は「仲添(なかぞえ)」と呼ばれる2回目の仕込み、4日目は「留添(とめぞえ)」と呼ばれる最後の仕込みを行います。
仕込み温度は「初添」、「仲添」、「留添」と、だんだんと温度を下げて、仕込み量は徐々に増やして仕込みます。
水、蒸米、麹米を入れて温度調節をしながら櫂棒(かいぼう)で混ぜていきます。
<初添>

<仲添>
<留添>