華やかな香りと優しい味わいのお酒をお楽しみください。

大吟醸規格の日本酒は、他のもろみに比べてより低温で長期発酵を行います。
お酒の仕込みから搾りまで通常15~20日程度ですが、大吟醸は長いものでは30日以上をかけ、ゆっくりと発酵を進めていきます。

通常、当社では搾ったお酒はすぐに生の状態のまま瓶に詰めて打栓をした後、パストライザーという機械で、シャワーを当てて火入れ(殺菌)をします。打栓をした状態で火入れを行うことで、お酒本来の香りを損ねないように最大限配慮しています。

火入れ後のお酒は最大15万本収容可能な冷蔵庫に入れて、出荷まで瓶貯蔵を行います。こだわりの大吟醸を、是非お愉しみください。