飲み続けても、飲み飽きしない 優しい酒質を目指して まんさくの花

昭和56年にNHKの朝の連続ドラマ「まんさくの花」が横手市を舞台に放映されたのを機会に誕生した、当社の代表銘柄です。

当時主力商品だった「日の丸」のやや重みのある酒質とは違う、『きれいで優しい酒質』への挑戦を志して誕生した当ブランドは、
現在でもなお珍しい、ひらがなの墨文字をラベルに採用しました。炭文字自体が珍しかった時代としては、非常に挑戦的なラベルでした。

(ご揮毫は今関枝竹先生にお願いしました。浩宮皇太子殿下の書道ご進講役を没年まで務められた今関脩竹先生の奥様です。)

まんさくの花は挑戦のお酒として、
通年発売品は変わらぬおいしさを求める傍ら、多種多様な酒米や酵母のお酒造りに挑戦し続けてきました。
それが呑み手のお客様にとってのお酒のたのしみを提供することにつながり、
造り手の我々にとっても、たのしくお酒造りをすることにつながると考えたからです。

まんさくの花は、日本酒の愉しさを追及するブランドとして、
変わらぬおいしさと、新たな味への挑戦をこれからも続けていきます。

新たな味への挑戦について詳しくは、まんさくの花(流通限定品)をご覧ください。