まんさくの花から夏を愉しむ日本酒のご提案

日本には四季があるように、日本酒にも四季があります。暑い夏を愉しむ日本酒は、いかがですか?

ロックで愉しむ

<まんさくの花 かち割りまんさく>
<まんさくの花 夏純米>

「かち割りまんさく」「夏純米」はロックで美味しいお酒を目指し、高アルコールの濃口原酒に仕立てています。グラスの氷が徐々に解けて変わりゆく、夏ならではの愉しみ方はいかがですか?ミントやレモンを添えるのもお洒落で愉しいですよ。

爽やかな微発泡感を愉しむ

<まんさくの花 爽々酒(そうそうしゅ)>
<うまからまんさく 爽々酒(そうそうしゅ)>

酒蔵で搾り流れるお酒をすくって飲むと、微炭酸が口の中でピチピチと弾けます。非常にフレッシュで美味しいこの微炭酸は、残念ながら瓶詰・出荷の工程で自然と消えてしまいます。『爽々酒』は、工程にひと手間かけ、この微炭酸を残した特別なお酒です。一口飲むと、口の中が爽やかさで溢れる。夏に美味しいお酒です。

先人の知恵、雪室貯蔵酒を愉しむ

<まんさくの花 雪室吟醸>

当蔵のある横手市は「かまくら」で有名なように、全国でも有数の豪雪地帯です。「雪室吟醸」は、昔ながらの伝統の雪室を手作りで再現し、その中で貯蔵を行ったお酒です。冷蔵庫もなかった時代、夏場急速にお酒が劣化していく中、雪国の酒蔵はこうして雪で酒を貯蔵し、秘蔵酒としてこっそり楽しんでいたのではないでしょうか。当社が再現した雪室は、真夏になると雪が解け始めるため、そのタイミングでお酒を取り出して発売いたします。

2017年 強アルコール×強炭酸 漢のスパークリングが誕生!

<まんさくの花 漢のかち割り>

2017年6月9日、新たな夏酒が登場。アルコール19%の濃口原酒に炭酸ガスを充填した、業界でも例を見ない衝撃作です。未体験ののどごしとキレ味を持つ漢のスパークリングをぜひお愉しみください。数量が非常に少ないため、売り切れの際はご容赦ください。

発売予定

5月下旬ごろから順次発売開始(発売日・限定本数は商品ごとに異なります)