美郷

秋田県が生んだハイブリッド酒米「美郷錦」をご存知ですか?

このお酒は秋田県の「美郷錦」という酒米で醸しました。
酒米界のスーパーエリート「山田錦」「美山錦」を両親に持ち、平成14年秋田県に彗星のごとく登場。

平成14年に秋田県に正式登録される以前から「美郷錦」に注目し、お酒造りにチャレンジしてきた当社にとって、「美郷錦」は特別な思い入れのある酒米です。希少米と評されることの多い酒米ですが、素晴らしいお酒を醸し出すこの美郷錦を、少しでも世に広められたらと思っております。

口に含むとお米の甘みとフレッシュな酸味が膨らんだのち、すっと消えていきます。新酒らしく、数字以上に酸味を感じます。このお酒が秋にかけてどのような熟成を見せるか非常に楽しみではありますが、まずは搾りたて新酒をお楽しみいただければと思います。

ラベルについて

希少米である美郷錦は、お世辞にも知名度はそこまで高くありませんが、醸されるお酒は軽快な酸味と抜群の切れ味を持ち、無限の可能性を感じさせてくれるのです。

栽培が非常に難しいため、現在では希少米となってしまいましたが、「もっと多くの人にこのお米の良さを知ってもらいたい!」と考え、一際目を引くデザインボトルを作りました。上から順に「日の丸」「まんさくの花」「水」をアイコニックに表現したものです。

さあ、ようこそ、美郷錦の世界へ。


発売予定(いずれも本数限定です)

・4月上旬 生原酒(新酒)
・9月上旬 一度火入れ原酒(ひやおろし)