hiyaoroshi001

まんさくの花 ひやおろしのご紹介

お酒の味は季節で変わります。
気温などの影響で味覚が変わるのもありますが、お酒自体の味が「熟成」によって少しずつ変化していくからです。

基本的にお酒は気温の低い冬に仕込むので、「春」「夏」「秋」と季節が進むにつれて、熟成が進んでいきます。
完成して間もないお酒はフレッシュで、口の中に入れた瞬間に香りや味わいが広がりますが、
熟成が進むごとに少しずつ角が取れた丸みのある味わいと、奥深い香りに変化していきます。
ひやおろしが美味しいといわれる理由の1つは、この熟成にあります。

また、熟成の良し悪しは、貯蔵の方法で大きく変わります。
「ひやおろし」が美味しいと言われる理由の2つ目として、一度火入れでお酒を出荷するために、
お酒をビンに詰めて冷蔵庫で丁寧に貯蔵することが挙げられます。(酒蔵によっては違う方法をとる場合もあります。)

ちなみに当社はその考え方に基づき、コストはかかりますがお酒の大半を低温ビン貯蔵にかけた一度火入れ原酒として発売しています。
そういった意味では9月~11月にかけて発売する商品は厳密には全てひやおろしと呼べるのですが、
まずは9月9日の重陽の節句に発売する以下の商品を「ひやおろし」としてご案内させていただきます。

※全て流通限定・本数限定商品のため、売り切れの際はご容赦ください。

その他の一度火入れ原酒

まんさくの花では、ひやおろしの時期以外にも様々な酒米で醸した一度火入れ原酒を発売しております。
一年間を通してひやおろしと同様に低温瓶貯蔵にかけたこだわりのお酒がお愉しみいただけます。