huneshizukutop2

まんさくの花 新酒(初搾り)のご紹介

2016年11月24日、今年の新酒(初搾り)が完成いたしました。

「槽(ふね)」とはお酒を搾る古式の装置で、酒質にもろみを入れて搾る手法を槽搾りといいます。当社の一番搾りは蔵人全員が結集して槽掛けし、新酒誕生の喜びを分かち合うことから「槽しずく」と命名しています。


huneshizukub4

新酒のしずくをそのまま詰め込んだ、うすにごりの生原酒は、酸味が軽快で、フレッシュ感あふれる一本です。 寒い冬に鍋を囲みながら、お楽しみ頂くのはいかがでしょうか?ちなみに秋田の冬といえば比内地鶏からとった出汁と醤油を合わせたきりたんぽ鍋が絶品です。「槽しずく」も特によく合うと思います。