7月20日、当社の酒米を生産している農家と当社による「酒米研究会」のメンバーで稲見会を行いました。

2016年 07月 25日
7月20日、当社の酒米を生産している農家と当社による「酒米研究会」のメンバーで稲見会を行いました。各人の田んぼを回り、稲の生育状況を見て回ります。 現在、「幼穂(ようすい)形成期」と呼ばれる時期で、写真二枚目のような穂の赤ちゃんが稲の中で育っています。秋口にかけてたくさんの水と日光を蓄え、立派なお米に育ってほしいですね。 余談ですが、3枚目の写真はなんだかおわかりでしょうか?実はこれ田んぼの隣にあるクマを捕まえるための檻です。よく秋田県でクマによる事件が報道されていますが、農業も命がけなんです…。笑

336e926e8fb8e31de0b1