田植えが終わり、秋田県内も田んぼに張られた水面が美しい「水の国」に変身しました。

2016年 06月 07日
田植えが終わり、秋田県内も田んぼに張られた水面が美しい「水の国」に変身しました。 ところで皆さん、この田んぼに蓄えられる水の量はどれ位あるかご存知ですか?農水省のHPによれば、全国のダムの貯水量の3.4倍もあると言うから、ビックリです。 さらに水田は洪水防止、土砂崩壊防止、温暖化防止、地下水のフィルター等様々な多面的機能を有し、日本学術会議の答申ではその額なんと8兆円超/年相当と報告されています。 それでなくとも、近年温暖化による豪雨や台風で大きな災害が各地で起きています。 食糧自給率が下がり、田んぼがどんどん減ってしまうと、日本の環境はどうなってしまうんでしょう・・・。 「水の秋田は米の国、酒の国」。みんなでご飯をいっぱい食べて、お酒を楽しく適量飲んで、国土を守りましょう! ちなみに当社の瓶詰担当古谷君は一日ご飯を7合食べています。 皆様も負けずに頑張ってください。笑

ddf3d507d884edfa7532